団地に取り付ける階段一体型EVの実験施工の記録
by coe_a111
カテゴリ
全体
Concept
at Site
at Factory
at Laboratory
Thinking
以前の記事
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のトラックバック
ひずみゲージ
from 測定関連ワード集
リンク
お気に入りブログ
774(IZU日記でした。)
くうち+ プロジェクト
Moon Building
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005年12月17日 配筋検査+基礎ベースコンクリート打設
今日は、午前中に基礎の配筋検査。
鉄筋の本数、鉄筋間隔、かぶり厚等をチェック。
アンカーフレーム周辺で鉄筋がかなり混み合っている。アンカーフレームの形状と鉄筋の取り合いに関しては、今後検討の必要があるだろう。
f0015904_2351350.jpg

基礎は、ベース部分とその上に出る基礎梁部分を分けて打設する。浮き型枠で一気に打設することもできるが、やや複雑になるので今回はそうしない。2回に分けるとなると当然打ち継ぎ面ができるので、そこから基礎内(ピット)への水の浸入を防ぐための止水板をあらかじめ設置しておく。ベースコン打設後に半分埋まる計算。
f0015904_2353927.jpg

ミキサー車も到着し、打設を開始。同時にスランプ試験。やや固めのコンクリート。
テストピースとして、一週強度、四週強度、テンション導入時、長期用を各3本ずつ。吊材にテンションを入れるときに強度を調べるためのものと、1年後くらいにテンションによって基礎が変形していないか調べるときのためのものを余分に用意してもらう。
f0015904_23143543.jpg

打設。アンカーフレーム周辺にきちんとコンクリートが入るよう、気を使う。
f0015904_23145335.jpg

打設終了。かなりのボリューム感がある。
f0015904_23151258.jpg

日曜日に1日養生させ、その後は基礎梁の打設。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-18 23:38 | at Site
<< 2005年12月14日+16日... 2005年12月16日 続・鉄... >>