団地に取り付ける階段一体型EVの実験施工の記録
by coe_a111
2006年10月6日 アングル設置+補修作業
なぜか僕が行く日はいつも大雨が降ります。今回は風も強く午後からの作業は中止となりました。というわけで、今回は現在の進捗状況をお伝えします。

f0015904_21414063.jpg


まず、前回のブログで書かれていたようにアングルと既存壁の間に無収縮モルタルが充填されました。

f0015904_21435322.jpg


このように簡易的な型枠を作り充填するようです。

次に階段室の既存壁の小口の補修です。

f0015904_21481284.jpg


こちらも木の型枠を設置してモルタルを塗っています。小口面は最終的にはSUSのカバーが付くので見えなくなります。しかし、カバーがまっすぐ付くようにするためにも、しっかり補修しなければなりません。

f0015904_21525852.jpg


というわけで、型枠をまっすぐ設置して補修を行っています。

そして、階段の切り口の補修。

f0015904_2155985.jpg


写真では分かりづらいですが、小口の方はカバーを設置するためにモルタルが薄くなっています。真ん中の方でモルタルの厚さはだいたい20mm強です。

当然、階段が付いていた痕跡が残るので、

f0015904_220399.jpg


下からアングルにぶつかるモノと

f0015904_2204872.jpg


上からアングルにぶつかるモノがあり、足場を撤去して塗装された時の見え方が楽しみです。

来週はいよいよスパンクリートの設置作業に入ります。また現場の印象も大きく変わりそうですね。

とにかく、来週こそは天気が崩れず作業がスムーズに進むことを祈るばかりです。(RO)
[PR]
by coe_a111 | 2006-10-07 22:17 | at Site
<< 2006年10月13日 左官作業 2006年10月4日 アングル取付 >>