団地に取り付ける階段一体型EVの実験施工の記録
by coe_a111
カテゴリ:Concept( 3 )
2006年9月 第二期工事スタート
昨年度の第一期工事に引き続き、階段一体型EVの第二期工事がスタートします。

f0015904_2262950.jpg


第一期工事では、階段一体型EVの本体を、団地住棟の階段室脇に設置する工事を行いました(以前の記事を参照)。
今回の第二期工事では、既存住棟の階段室にある階段を切除し、そこに新たに床を張り、EVユニット本体へとブリッジを架けてつなげる、という工事を行います。新たに新設された床は、居住者のための玄関スペースとして活用されることが想定されます。

また、今回は、EVユニット本体に付け加える形で、グラウンドレベルにエントランスアプローチの空間を新設します。これは、団地住棟のバリアフリー化という視点からは少し離れますが、団地の魅力を向上させるための一手法として、エントランス空間及び外構が一体となった計画のスタディをするものです。

第二期工事終了時には、EVユニット本体の新たな完成と共に、アプローチや玄関などの新設空間が複合することで、屋外から住戸までの奥行きのある空間体験が生まれることが期待されます。

f0015904_2272549.jpg


今回の提案は、主要なテーマの一つとして、居住者が居ながらの工事が可能となる事を目指しています。今回の工事では、空き家を使用して行っている上に、試作工事のため安全に相当の配慮しているということで、居ながらに対応する工事手法はとっていません。しかし、システムとしてはそれが可能な状態まで完成されており、その可能性を検証するための工事という位置づけで、記録を取っていきます。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2006-09-21 21:45 | Concept
目指すもの
f0015904_11123241.jpg

どうしようもなく不便になってしまった感のある団地だが、なぜそれにエレベータを付けてまで延命させるのか。確かに量がとんでもなくたくさんあるから、全部建替えなどできないという理由もあるだろうし、環境的に見ても、今あるものを利用しながらやっていくのが社会的な意義と言えるだろう。

ただ、もう少し違った見方もできる。

我々が「団地」と聞いてイメージする、何か戦後日本の原風景のようなもの、激動の時代を共にすごし、そして環境が全くと言っていいほど変わってしまった今も、ひっそりとその環境の中にたたずむ、愛着すら感じてしまうイメージが、団地にはある。そのイメージを大切にしたいと思っている。

もちろんこれはイメージの話にとどまらず、利点として挙げられる項目はいくらでもあるだろう。現に、団地の周辺環境というのは、驚くほどいい。
そしてそのイメージを壊さずに、新しい魅力をいかに与えることができるか。それが今回のプロジェクトのテーマとなる。

具体的な話をすると、団地にエレベータを取り付けるシステムが、過去に全くないわけではない。むしろ、いろいろなやり方が試されている。
f0015904_11125884.jpg

この写真は、最も一般的と言われている方法。もともとある階段室のすぐ外側にEVを建てている。この方法だと、階と階の間の踊り場にEVは止まる。結局、半階分の上り下りが必要になってしまい、完全なバリアフリーにはなっていない。

そこで、今回は、同じような形式なのだけど、完全にバリアフリーになる方法を考えた。
f0015904_3464570.jpg

上に示した図は、左が従来の方法で、右が今回作るもの。

今回作るEVの特徴は、もともとある階段を全部撤去してしまい、そこに新しく床を張って、その外側にEVと階段が一体となったユニットを建てる、ということ。こうすることで完全にバリアフリーになり、なおかつ各階に新しくエントランスホールができる。しかも、このユニットの一階部分にも、新たに郵便受けを置くスペースを作ることができる。
この、新しい要素を付加している点が、従来の方法と大きく異なっている。

でも、新しく建てるEVユニットがとんでもなくゴツくなってしまったら元も子もない。むしろ住環境を圧迫することになってしまう。
そこで考えたのが、EVシャフトを軸とする「やじろべえ」のような構造。
f0015904_346435.jpg

EVシャフトの周りに階段が巻きつき、その外側に細い引張材を張りめぐらせる。これによって全体が安定し、かつ外観も重苦しくならないですっきりする。
この構造を元に、EVユニットが形作られていく。

今回は、透明感を出すと共に、階数の低い建物と広大なオープンスペースによって切り取られた大きな空と、団地に繁茂する多くの木々を映し出すよう、ガラスを全体に用いたデザインとした。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-10 03:41 | Concept
Introduction
f0015904_21252148.jpg

建物は、50年、60年、場合によっては100年だって使われるものだけど、長い時間の中では、そこに住む人の状況も、社会の状況も変わる。
100年後には、いま生きている人は全員この世からいなくなって、人間の総入れ替えが起こっているわけだから、当然、その建物を使っている人にも総入れ替えは起こっている。
仮に、いま4人家族が住んでいる住宅に、100年後、同じような構成の4人家族が住んでいたとしても、二つの家族にとってその住宅の意味は全く違うものだろう。
問題を矮小化することを畏れず、簡単な例を出せば、50年前に4人家族が住んでいた住宅に、いま4人家族が住もうと思っても、狭くてとても住めない、つまりそういうことだ。
同じようなことは、場所が変わることによっても起こる。
4人家族がちょうどいいと思う大きさの家は、オーストラリアと香港では全く違うものだろう。

このことは、建築計画 f が時間 t と空間 s の関数であることを表している。
日本は、戦争で建物が全部なくなって、一気に当面必要な建物を建てたわけだけど、それから何十年か経って、f(t0) と f(t1)の乖離が我慢できないほど大きくなっている状況が、あちこちで起きている。

集合住宅も例外ではなくて、「団地」と聞いてイメージするあのタイプの集合住宅が、だいたい築30-40年くらいで、住民はみんな年をとったのにエレベータもないし狭いしお湯はたくさんでないし、しかもそういう住宅が社会資本を投入して建てたものだけで200万戸以上もあるし、どうすんだって話になっている。

で、これはそんな集合住宅用のエレベータ付加システム。
汎用性のあるものだから、建築というよりも、プロダクトに近い感覚のもの。

これから数ヶ月間、このCGが現実になる過程を記録しておこうと思う。
(KK, HO, AU, HS, NK)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-08 21:36 | Concept