団地に取り付ける階段一体型EVの実験施工の記録
by coe_a111
<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2005年12月27日 製品検査
年内の現場の作業は終了したが、今年の締めとして、鉄骨の製品検査が行われた。
福島県いわき市にある鉄骨工場にて。
すでに吊材のサンプルは届いていたが、今回、初めて鉄骨のメインパーツを目にすることができる。
f0015904_239290.jpg

本来であれば製作する鉄骨の全数を検査する場合もあるのだが、今回はスケジュールが押していることもあり、製作途中の状態での検査。
全体にわたる各部材の詳しい検査は工場の方が随時行っていて、その結果の報告を受けると同時に、実際に柱の数本を使って検査を行っていく。
写真は、超音波で鉄骨にできた傷を探る検査を行っているところ。
f0015904_2392972.jpg

寸法のチェック。
f0015904_2393821.jpg

柱の超音波探傷検査、製品寸法検査以外に、それ以外で出来上がっている部材や製作中の部材もチェックしていく。
階段の部材。驚くほどきれいに仕上がっている。溶接などがきれい過ぎて、人の目にはあまり見えないような些細なところが気になってしまうほど。
f0015904_240663.jpg

踊り場の部材が積まれている。これに色が塗られたらまた印象が全く変わるのだろう。
いくつか、細かい修正項目を確認する。
f0015904_2402724.jpg

頂部のトラス部材。トラックで運ぶことのできるぎりぎりのサイズまで大きくして部材数を減らした結果、このような形状の部材になった。何か異様な存在感があり、妙に格好いい。
f0015904_2403727.jpg

まだ組み立てられていない小さなパーツ達。
f0015904_2404676.jpg

これらが組み立てられ、現場に運ばれてくるのは1月17日になる。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-30 03:16 | at Factory
2005年12月26日 埋め戻し・仮柱基礎
クリスマスも終わり、コンクリートも十分養生ができたところで、基礎の周囲の土を埋め戻す。
セパレーターコーンの部分はモルタルで埋め、 逆側のセパレーターが残っている部分には錆止めを塗り、その後、パワーショベルで土を入れていく。
f0015904_036170.jpg

同時に、土を均す。
f0015904_0362560.jpg

さらに、土を均している合間に、ラフター(クレーン)用の、地面保護のための鉄板を敷き詰める作業も。惚れ惚れするテクニックで機械を操る。
f0015904_0364350.jpg

完成形ではEVシャフトの周りに階段が巻きつくのだが、建て方の際に、基準となると同時に作業性を上げるための仮柱を建てる。その基礎を作る。
f0015904_0365414.jpg

砕石→コンクリート打設。仮柱なのでかなり簡易なもの。
f0015904_037584.jpg

最終的には正方形の土間コンを、基礎全体を覆うような大きさで打つので、そのための砕石も済ませておく。その後、建て方に備えて、墨出し、アンカーボルトの位置の調整を行う。
f0015904_0371596.jpg

いくつかアンカーボルトの位置がずれていたので、補修作業も行う。アンカーフレームと鉄筋との取り合いが悪く、少々強引に位置を合わせていった影響が出ているのかもしれない。
今日はさらにこの後、柱を設置するための調整として基礎天端盛り(無収縮モルタルでレベル出し)まで行った。
f0015904_1205850.jpg

周囲は暗くなってしまったが、相当盛りだくさんの作業を終えた。
あとは来年の建て方を待つのみ。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-27 01:22 | at Site
2005年12月22日 脱型
コンクリートの打設から、養生を経て、今日は脱型の作業。
その前に、来年の鉄骨建て方に向けて、電線の養生をしておく。
この辺は、飛行機がやたらと多い。
f0015904_2031152.jpg

型枠を手際よく外していく。
徐々に現れてくる基礎のコンクリートの塊。
f0015904_20311664.jpg

大きさのチェック。おおむね問題はなさそう。気温が低いのでコンクリートがうまく固まるかどうか心配だったが、それも全く問題なし。きれいに仕上がっている。
f0015904_20312748.jpg

今回は、今は使用していない住棟を使わせてもらって実験的に施工をしているが、人が住んで実際に使われている状態での施工を考えると、住民の仮移転なしで施工をできるかが大きなポイントとなる。このようにコンクリートを打って基礎を作るのも良いが、より早く安全な方法、たとえば鉄骨の基礎などを使用しても良いのではないか、とか、全体の形状をもう少し変える必要がある、といった話をいろいろとする。
f0015904_20313836.jpg

脱型終了。非常にきれいな仕上がり。そして、ものすごい量塊感、重量感。
f0015904_20314622.jpg

本来なら、ここですぐ土を埋め戻してしまう予定だったが、今日は、親方が目を負傷して病院に行っているらしく、パワーショベルが動かせない。ということで、あと数日はこの塊がむき出しの状態でここに置かれていることになる。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-23 20:51 | at Site
2005年12月20日 基礎梁コンクリート打設
昨日の型枠製作で残っていた作業を午前中に行う。
中央の柱が乗る部分はコンクリートを少し高めに、周囲の吊材が取り付く部分は逆に、コンクリートを切り欠いて低く抑えておく。これは吊材のアンカーボルトが土間コンの下に完全に埋まるようにするため。柱用のアンカーボルトは、EVシャフトの中に隠れてしまうので高さは気にせず、むしろベースプレートを乗せるために、土間コンの厚み分最初から上げておく。
同時に、アンカーボルトの位置の調整も行う。
f0015904_2213415.jpg

生コン車が到着し、打設。
最近はこのように樋を使って流すようにせず、ポンプを使うことがほとんどなのだが、そうすると専用の職人さんが何人か同時に必要になる。今回は規模が小さいこともあって基礎は大部分を土工の職人さんが作っているので、職種を減らしてコストダウンを図るという意味でもこのような旧来のやり方をしている。作業はやや大変そう。
f0015904_2215590.jpg

バイブレータを使って、鉄筋の間にコンクリートを流し込む。
f0015904_222294.jpg

天端をこてで均す。吊材用に切り欠いた部分は細かくて大変そうだった。
f0015904_222980.jpg

基礎完成。
f0015904_2221583.jpg

昨日も書いたけど、マッシブで格好いい。この後養生をして脱型するのだが、すぐ周囲に土を埋め戻してしまう。その一瞬に、この塊を目に焼き付けておかないと。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-20 22:25 | at Site
2005年12月19日 基礎梁型枠
日曜日を一日はさんで、今日は基礎ベースの上に基礎梁を打設するための型枠の製作。
まずは基礎ベースコンクリートの上に、墨出し。
f0015904_2016810.jpg

パタパタと、板を立てていく。すぐ終わりそうに見えるが、そこはやはり現場。いろいろなところに微妙な誤差が生じている。状況に応じて精度良くつくる。
f0015904_21342239.jpg

セパレータも付け、全体形が見えてくる。純粋な井桁の形状で、妙に格好いい。
f0015904_21343025.jpg

上から見下ろした状態。
f0015904_21343829.jpg

最後に、セパレータを溶接。まだ多少、細かい形状を加えていくのだが、大方は終了。
井桁状の基礎がむき出しになった状態が早く見たい。
f0015904_21344716.jpg

溶接中、その光が建物に映って、高橋匡太さんのライトアップのよう。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-19 21:51 | at Site
2005年12月14日+16日 吊材引張り試験
以前、今回使用する吊材のサンプルを鉄骨工場から送ってもらい、12月14日と16日に、大学で引張り試験を行った。この実験で、吊材がどの程度の力に耐えられるか、またどのように壊れるか、ということを測定する。
それと同時に、今回の施工では、吊材へのテンション導入は手動で行うため、まずはそのトルクを測る実験から。このような、約2メートルの長さに改造した巨大なレンチを使用。
f0015904_0535270.jpg

学生一人が巨大レンチでボルトを締め、10トンの張力が導入できることを無事確認。最後のほうは結構つらそうだった。
f0015904_0404746.jpg

その後、引張り試験。このような巨大な実験機を使用して行う。
f0015904_055120.jpg

吊材に計測機器を取り付け、写真中央左側のようにセット。張力を加えていって、吊材のひずみを測定する。データはリアルタイムでパソコンに取り込まれ、それをプロジェクションして全員が吊材の状態を確認できるようにしてある。
f0015904_0551875.jpg

重症患者のように計測機器が大量に取り付けられた吊材。
f0015904_0553565.jpg

必要以上に荷重を加え続けると、最終的にはものすごい破壊音と共に吊材は引きちぎられる。直径32ミリの太さの鉄の棒を引きちぎるには、30トン以上の荷重が必要。
f0015904_0554990.jpg

さすがにこの太さになっても、形がくびれていって最終的にちぎれる、ということがわかる。断面はかなりきれい。
構造チームにとっては予想通りの展開で、全く問題ないことを確認。建方が待ち遠しくなってくる。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-19 01:43 | at Laboratory
2005年12月17日 配筋検査+基礎ベースコンクリート打設
今日は、午前中に基礎の配筋検査。
鉄筋の本数、鉄筋間隔、かぶり厚等をチェック。
アンカーフレーム周辺で鉄筋がかなり混み合っている。アンカーフレームの形状と鉄筋の取り合いに関しては、今後検討の必要があるだろう。
f0015904_2351350.jpg

基礎は、ベース部分とその上に出る基礎梁部分を分けて打設する。浮き型枠で一気に打設することもできるが、やや複雑になるので今回はそうしない。2回に分けるとなると当然打ち継ぎ面ができるので、そこから基礎内(ピット)への水の浸入を防ぐための止水板をあらかじめ設置しておく。ベースコン打設後に半分埋まる計算。
f0015904_2353927.jpg

ミキサー車も到着し、打設を開始。同時にスランプ試験。やや固めのコンクリート。
テストピースとして、一週強度、四週強度、テンション導入時、長期用を各3本ずつ。吊材にテンションを入れるときに強度を調べるためのものと、1年後くらいにテンションによって基礎が変形していないか調べるときのためのものを余分に用意してもらう。
f0015904_23143543.jpg

打設。アンカーフレーム周辺にきちんとコンクリートが入るよう、気を使う。
f0015904_23145335.jpg

打設終了。かなりのボリューム感がある。
f0015904_23151258.jpg

日曜日に1日養生させ、その後は基礎梁の打設。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-18 23:38 | at Site
2005年12月16日 続・鉄筋配筋工事 晴れ
今日は朝から晴れていました。
現場は団地の影で日が当たりませんが、風はなく、作業しやすいと思います。
f0015904_22515513.jpg

今日は昨日に引き続き鉄筋の配筋作業からです。
鉄筋屋さんが基礎の配筋作業をする傍ら、主工事の職人さんがコンクリートの型枠の設置や、溶断、溶接を行います。
f0015904_245286.jpg

様々な形状に曲げられた鉄筋。
この鉄筋が次々と設置されていきます。
f0015904_2571298.jpg

鉄筋と型枠、アンカーフレームのアップ。
かぶり厚も確保されているようです。
写真にある結束線で鉄筋を結んでいく鉄筋屋さんの作業がとても見事でした。
f0015904_344129.jpg

本日の作業終了。
f0015904_381838.jpg

井桁状の基礎が鉄筋だけでもわかります。
整然と配された鉄筋がとてもきれいです!!
コンクリートを打設するのが惜しいくらい(笑)(NK)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-18 03:15 | at Site
2005年12月15日 鉄筋配筋工事 晴れ時々小雪…
アンカーフレームの最終加工を終わらせ
今日は鉄筋の配筋作業を行っていきます。
工場で加工されてきた鉄筋をくみ上げていきます。
アンカーフレームは柱用の真ん中4本と吊材用の周囲にある8本の計12本。
アンカーフレームによって高さ方向、位置が正確に決定でき重要な役割をはたすのだけれど
配筋作業には障害となることが多い。
今回もこのアンカーフレームと鉄筋の定着部分が干渉してしまい
鉄筋が一本モノで入らないという事態が発生。。

検討の結果、両端の片アンカー2本と直筋を組み合わせることで対応しました。
が、ずいぶんと手間取ってしまいました。

並べていって大体の位置決めをします。
f0015904_15323748.jpg


並べ終わったところで結束線(なまし鉄筋)を使い鉄筋同士を結束していきます。
f0015904_13174749.jpg


f0015904_13235185.jpg



高さ方向のかぶり厚さを確保するため鉄筋の下に間隔をあけてスペーサー(コンクリート製のキューブ状のもの)を設置していきます。
f0015904_15292037.jpg



ベース筋が終わり次は主筋とスターラップを設置していきます。
f0015904_1529542.jpg


f0015904_13245256.jpg


あと少しで配筋作業完了です。(AU)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-16 13:42 | at Site
2005年12月14日 アンカーフレーム設置
今日はアンカーフレームの設置。まずは昨日打設した捨てコンの上に墨出しをする。
これで一気に基礎のスケールが分かってくる。
f0015904_0273095.jpg

アンカーフレームを用意。L-65×65のアングルを組み合わせて製作したもの。
実はこの時点で、奥に見えている既存配管が基礎にどうしてもぶつかってしまうことが分かり、全体を100ミリずらす作業をお願いした。
f0015904_0274754.jpg

もともと基礎とぶつかることが分かっていた配管は、管の位置を移動。上にあるのが、加工が困難なため位置を変更できない雨水管。下が塩ビ製の汚水・雑排水管。
f0015904_0275918.jpg

今回の試験施工は、現在使用していない住棟を使わせていただいて行っている。そのため配管も使用していなく、移動は簡単にできる。これがもし使用中の管だったら、かなり大変な作業になる。
団地はどこも、大体あの位置(階段室のすぐ外)に配管があるので、もっと既存住棟と間隔をあけて配置すればよいのだが、かといって階段室の外側に面積的に余裕のある団地もあまりないので、その両者をきちんと見極めないといけない。今回は、ややギリギリを狙いすぎた感がある。

管の移動と同時並行で、アンカーフレームの位置決め、水平出し、溶接。
f0015904_028940.jpg

位置の変更をお願いしたせいか、作業は夜になっても続く。
f0015904_0281935.jpg

終わったのは、周囲がすっかり暗くなってから、かなり経った時でした。(HO)
[PR]
by coe_a111 | 2005-12-15 00:31 | at Site